テレビに呟くブログ

ぶつぶつ言います

親が貧しい子供ほどテストの点数が低いだと?

f:id:m-watari:20170325100121j:plain

『親が貧しい子供ほどテストの点数が低い』という報道を
テレビで見ました。

『まぁそうだろうな…』と思います。


私の息子もこの度、高校受験で、これまで平日、土日ほとんどクラブ活動があったため、進研ゼミの『チャレンジ』を使って勉強していました。

 

そして、中学3年の夏が終わり、クラブも終了。


『高校受験のために塾に行きたい』ということで、某『鴎●塾』に通うことにないました。

 

事後報告で奥さんから費用を聞きました。

・8万円(9月)
・6万円(10月)
・4万円(11月)
・4万円(12月)

これでも、受けていない特別授業があるそうです。

 

高い!!…

 

『これを払える家庭って月収いくらだよ!!』と思います。

 

これだけ高額な受講料を払い、勉強している子供としていない子供に学習格差はできて当然かと思います。

 

うちの息子は短期的だったので、貯金を切り崩して払いましたが、小学校、中学校、高校、と常に塾に通わすことは到底できません。


学校の授業って平日、1日4時間以上あるのになんで、足らないのでしょう。

 

1日4時間勉強すれば、十分の学習量であると思います。でも、受験には足らないから、塾に通う、

 

受動的学習、能動的学習、受験テクニック…色々あるのでしょう。


都会の子は7割が塾に行っているとか…

 


その格差を埋めるために、『無料塾』という無料の塾があるとのこと。

 


頑張って頂きたいが、
やはり、これは国が格差を埋める対策を是非やって頂きたい。

 


受験という仕組み自体がそもそもバカバカしいのだけど…

 

ちなみに、息子は受験に失敗!!

私立に通うことになりました。

結果論としては、塾に通う必要はなかった。

 

受験失敗は塾も知っているが、連絡は全くない。

なにか、ひとことあってもいいと思うのだが…

 

ネット学習でできるだけお金をかけない方法で学習させて見たいと思いますが、

本人次第です。